とんでもなくステキな光景に出会ったんだ。
 夢の中でいい風景を見た時に、カメラのシャッターを切って像を収めてみる。でも、そのカメラをこっちの世界には持ってこれなくて悲しくなってしまう。
 夢の中で夢だと気がついて、目が覚める瞬間までしっかりカメラを握ってみても、どうしても布団の中の手はからっぽだ。


 夢の中の風景をみんなにも見せたいとは思う。だけど絵で描いちゃあダメなんだよなぁ。
 「絵で書いたもの」と「写真に撮ったもの」では、「ドラゴン」と「ティラノサウルス」くらい違ってきてしまう。


 写真のいいところは「どんな非現実的な事が写った写真でもその『光景』は必ずどこかにあった」ってトコだと思う。
 第三者的な「カメラ」が撮影してくれさえすれば、本当にその光景が夢の中にあったんだって事をみんなに分かってもらえるのに。


 アリバイが欲しい。
[PR]
by yummy_art | 2009-04-16 23:49 | 研究レポート | Comments(0)
<<  「あの」千葉市動物公園  ケモノ封印 >>



★2017年からはこちらに引っ越してブログ更新中 見てみてください↓★


引っ越し先『ヤミーアートブログ』







by あまのしんたろう
あまのしんたろう
写真家
1980年愛知県岡崎市生まれ、東京農業大学卒業のち東京ビジュアルアーツを卒業。2007年から本格的に写真家活動を開始。
個展開催、写真集発行、アートイベントの主催、フリーペーパー配布などを通じ「楽しめる写真」を発表している。
最近ではyoutubeでスライドショー作品を公開中!

▶公式ツイッター
@amano_shintaro

▶youtubeチャンネル
ヤミーアートチャンネル

▶公式サイト
ヤミーアートミュージャム



以前の記事
カテゴリ
タグ


写真家 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
記事がGOODだと思ってもらえたら一日一回ずつのクリックお願いします!







▼youtube公開作品▼



『トヨハシクエスト』




『風のすみか』




『エレファント』




『ブラックトイボックス』




『せきにんのないさんぽ』







▼写真集販売▼