PSソフト「ダブルキャスト」レビュー
1998年発売のアドベンチャーゲーム。
このあと6作出る「やるドラ」シリーズの第一弾。
選択肢によって物語が変わっていくもので、ゲームブックの純進化したものといえる。

内容はサスペンスもので、大すじのストーリーは映研サークルの主人公が、偶然出会った女の子を主役に紹介し、映画を完成させていく流れ。エンディングで女の子を救ったりとか、殺されたりとかする。
脚本の謎や、以前の事件の謎、女の子の謎など、一回通してみただけでは回収しきれない伏線があって、いろんなルートを選ぶ事で全貌をつかむ事が出来る。

プレイステーション時代にフルアニメーションフル音声なので、ゆっくり見ても2時間くらいで一周出来てボリューム的にはコンパクト。映画一本見る感覚で気軽にやれる、ホントにちょうどいい量。

ゲームブック制作の勉強にちょっと触れておこうってつもりでやったけど、続編も全部やってみようと思う。
[PR]
by yummy_art | 2011-05-25 10:59 | アート専門レビュー | Comments(0)
<< 『みどりのマキバオー』レビュー ツイッター始めました >>



2017年からはこちに引っ越してブログ更新しています↓ぜひ見てみてください↓
引っ越し先『ヤミーアートミュージャム』






by あまのしんたろう
あまのしんたろう
写真家
1980年愛知県岡崎市生まれ、東京農業大学卒業のち東京ビジュアルアーツを卒業。2007年から本格的に写真家活動を開始。
個展開催、写真集発行、アートイベントの主催、フリーペーパー配布などを通じ「楽しめる写真」を発表している。
最近ではyoutubeでスライドショー作品を公開中!

▶公式ツイッター
@amano_shintaro

▶youtubeチャンネル
ヤミーアートチャンネル

▶公式サイト
ヤミーアートミュージャム



以前の記事
カテゴリ
タグ


写真家 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
記事がGOODだと思ってもらえたら一日一回ずつのクリックお願いします!







▼youtube公開作品▼



『トヨハシクエスト』




『風のすみか』




『エレファント』




『ブラックトイボックス』




『せきにんのないさんぽ』







▼写真集販売▼