<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
大阪の本屋さんに写真集置いてもらいました
f0116500_6461743.jpg
zineとリトルプレス専門店『DANTALION』さんに「写真集♪ドレミファソラシシ♪」を置いてもらいました。

個人制作の本なども扱っていて個性的な本が並ぶ面白い本屋です。

また今まではネット店舗でしたが最近大阪に実店舗もオープンしたので、お近くの方は行ってみて実際に写真集を見てもらえると嬉しいです。
[PR]
by yummy_art | 2010-12-31 07:01 | あまのしんたろう写真活動情報 | Comments(0)
あまのしんたろう大回顧展〜激動の3年9ヶ月くらい〜
2011年1月5〜9日 岡崎市美術館で写真展を開催します。
今まで東京で発表した作品多数を展示するかなり大きな展示です。
年始に余裕のある方は岡崎市までどうぞ。

あと、当初予定していた闘犬のムービーにとりかかったところ、壁に大きく映写するにはあまりに迫力ありすぎ、どうやってもR-18な感じになることが分かったので、今回は北国を旅したものとどこかに何か映ってるシリーズの二本立てでいきます。
f0116500_118177.jpg

[PR]
by yummy_art | 2010-12-30 01:43 | あまのしんたろう写真活動情報 | Comments(0)
クリハラジオ終了
クリハラが抜けるという事で、前回の分を「クリハラジオ」としての最終回にしました。
突然の終了という事で、応援してくれていた皆様には申し訳ないです。クリハラからメール来た時は自分もめちゃめちゃ焦りました。

まああれはあれでクリハラらしい終わり方という事でご容赦ください。


今後も、しんたろう主体になるとは思いますが、何かラジオ的なものをやっていこうと思っているのでご期待ください。

f0116500_1255427.jpg

[PR]
by yummy_art | 2010-12-28 02:42 | ラジオ活動 | Comments(0)
中山競馬場イルミネーション
f0116500_1910928.jpg左は馬に人間が乗っているのに、右下の絵は洋服を着た女のヒトウマふたりが何かの儀式をしている。
せめてヒトウマだけの絵ならファンタジーと言い切れたのに。
f0116500_19102364.jpgシニアルーム前通路。
f0116500_19104310.jpgこうすればゴミを地面に捨てなくなる。
これに見習って、タバコ供養とか空き缶供養とか応用出来ないものか。
f0116500_19105778.jpg
f0116500_19113597.jpg
f0116500_19111426.jpg

[PR]
by yummy_art | 2010-12-27 19:30 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)
新世紀GPXサイバーフォーミュラのすすめ
f0116500_19501641.jpg
1991年から放送の『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のTV版の全37話を鑑賞。今のアニメには作れない「熱さ」がある。


あらすじは、14歳の主人公ハヤトが、父の遺した「アスラーダ」という機械でありながら人のように学習し、あたかも人のように話す事が出来るナビゲーションシステムとともに、レースで世界タイトルを目指すというもの。

前半はチキチキレース的なつぶし合い競争になっていくプランも見え隠れしつつ、けが人を運ぶため嵐の海の上を走ったり、マシンのシステムを軍事関係の組織に狙われてヘリで追い回されたりとかなりの茶番感。

しかし後半は本格的にレースをし始め、数多くいるドライバーそれぞれの魅力が存分に出て来る。
そして最終戦、今までのカッコ良かった回やダメな回、くだらなかった回、絵が下手な回、この話いらないんじゃないかって回まで含めて、このシーズンに起こった事がこの時の為にあるような傑出した作りになっている。


例えば、運動会でミスした思い出や嫌いな先生がいた事なんかも、今となっては学校の思い出として生きているように、このサイバーフォーミュラに関してはどんなにダメな回でも見た方が良い。
 ただ一応のポイントとして挙げられるオススメ回としては、

16話のアスラーダが歌を歌ってからのハヤトとアスラーダの会話
24話のアスラーダ移し替えのパスワードの話
30話のブリード加賀の「追いついちまったじゃねーか!!」
32話の新条の執念
36話の最終戦スタートの演出とか全部
37話のエンディング


1話ずつは20分くらいと短いので次々見る事が出来ていいと思います。
カッコ良くて涙出る作品はそうそうないと思う、オススメ。
[PR]
by yummy_art | 2010-12-25 03:33 | アート専門レビュー | Comments(0)
DS版ドラゴンクエスト4のレビュー (ネタバレというかやってないと解読しにくい)
f0116500_12282387.jpg
 前々からやってみたかった、ドラクエの中でも一番好きな『4』のリメイクのリメイクのDS版をプレイ。

 会話システムでややキャラの性格がとんがり過ぎている部分はあるけど、その端々でファミコン版で不明だった細かい裏設定が明らかになったりしてめちゃめちゃ面白かった。気球は熱気球じゃなくガス気球だから馬車ごと運べる事の説明がついたり。
 6章はまあ仕方ないと思う。勇者だけが救われない気もするが、一人だけしか生き返らせられない時に、両親、師匠たち、幼なじみたちから誰かを選ぶ事は出来ない。なら世界を救う事に繋がる方法を選ぶしかないと思う。

 全体通してのシナリオはファミコン版とほぼ同じで素晴らしかった。

 勇者が5章冒頭で魔族の王ピサロにされた事と、ピサロが5章中盤に人間にされた事が「最も近い存在だった人を殺される」という両者とも復讐の様な感情をもって行動を始めるけど、勇者は仲間たちと出会って世界を救うというより大きな目的を発見し、一方ピサロは一人で憎しみを持ち続け人間を滅ぼすという考えになる。

 この作品のすごいところは、勇者はピサロになってしまう可能性があった事だと思う。
 勇者が、仲間たちに出会わないままただ一人で力を付け、魔族への復讐を敢行するという事態が起こっても何ら不思議はなく、後半のピサロと同じように征服でも侵略でもない憎しみだけの戦いをする事になっていたかと思うとゾッとする。
 そして、現実での戦争理由としてはこの理由がわりと一般的だと考えると、何が正しいのか分からなくなったりする。

 心のわだかまりはあっても、6章を受け入れなきゃいけない世界がここなんだと思う。
[PR]
by yummy_art | 2010-12-24 13:04 | アート専門レビュー | Comments(0)
お台場たこ焼きミュージアム
f0116500_1547055.jpg たこ焼き屋が5店舗集まった施設。ミュージアム的な要素はやや少ない。
 人手がすごく、長いとこは1時間待ち覚悟なので2店舗しか食べられず。
f0116500_15474016.jpg フジテレビのはちたま内で中野美奈子が撮った女子アナの写真展がやっていた。
 自分撮ったら良いのにと思っていたら、ちゃんとセルフポートレートもあった。
f0116500_15484150.jpg FF8のデリングシティーあたりを彷彿させる景色。
f0116500_1549995.jpg 岡村さんが静観した時に使ったフェニックス号。あんなに愛されている芸人は珍しいと思う。
 休養直前はかなり無理な発言が多かったけど、もとの面白さを取り戻して帰ってきてくれて良かった。
f0116500_15482772.jpg

[PR]
by yummy_art | 2010-12-20 16:54 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)
世田谷ボロ市参加
f0116500_4253953.jpg

 恒例、豆屋の手伝い。
 先週『アド街』で紹介されたのもあってか平日なのにすごいお客さんの数。
 開始早々飛ぶように豆が売れて、お客さんが押し寄せてくる感じ。久々に接客で汗かいた。

 ボロ市に出ている店は飲食以外だと、骨董品や着物やおもちゃなんかがあって見ていても面白い。

 これに混じって自分の写真展をやりつつ写真集販売なんかをやってみたら面白そうかなと思う。
 世田谷ボロ市に限らず、こういう感じの歴史ある祭の中で、その地のフォトゲームブックなんかを展開すれば、祭りも写真もお客さんに楽しんでもらえるはず。
 来年のアプローチ計画の候補に入れとこう。
[PR]
by yummy_art | 2010-12-17 04:49 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)
映画ニューシネマパラダイス、グラントリノ鑑賞
 前々からオススメされてた映画を鑑賞。

 「ニューシネマパラダイス」は劇場版120分くらいのと完全版170分くらいのがあって、完全版をみた。
 ゆったりとした流れでまあまあ素敵な感じだなと思いつつ、見終わった後ネットで部分部分を確認していたら、どうやら劇場版の方が断然いい出来らしい。
 何で後から編集した方がダメになるのかは分からないけど、試しに追加された部分を、作中にアルフレードがやっていたように、頭の中でフィルムをカットして繋げ直してみると、たしかにいいテンポでより深く心の動きを感じ取れるようになる。
 これはもう一回、当時の人が絶賛した劇場版の方を見なければいけなくなってしまった。

「グラン・トリノ」の中で、主人公の宝物である自慢の車グラントリノが、不良グループの窃盗の対象になっていると知った時に、主人公が腹を立てながらも何となく誇らしげににやけてしまっているとこがめちゃめちゃ格好良かった。
[PR]
by yummy_art | 2010-12-15 00:01 | アート専門レビュー | Comments(0)
「2k540 AKI-OKA ARTISAN」と「3331」
御徒町〜秋葉原の間にある施設を見学。
六本木の「21_21」とかもそうだけど、ここの2カ所ともネーミングが記号っぽい。建築界とかの流行りなんだろうか?もうちょっと読みやすく(呼びやすく)してもらいたい。

f0116500_0422183.jpg

http://www.jrtk.jp/2k540/

高架下を大改装して、ものづくりをテーマとしたかっこいいお店の集まり。2k540は東京駅からの距離。
たまたま入ったアジアンアニメーションカフェという店が、すごくわくわくする作りのお店で良い感覚を学ばせてもらった。ハンモックのイスとか、ipadを無造作に置いてるとことか、効果音のオブジェとか、カフェとしては分からないけど空間としてはとてもおもしろい、オススメ。


f0116500_0423225.jpg

http://www.3331.jp/farm/

もと中学校を使ったアート施設。

この中のバンビナート ギャラリーの伊藤園子さんの展示"デザーティアタウンのクリスマス"がすごく面白かった。
入り口に地図があって、ポメリー界のいろんな施設が書いてあり、そこの住人なんかが立体になってギャラリーにいるつくり。
作者の伊藤さんの現実の思い出や状況と作品設定がほぼ全部リンクしていて、例えばここは母校がモデルとか秋田の海がモデルとかあって不思議な感覚。

アート施設の印象は、その時に良い作品見れたかどうかになっちゃいがちだと思う。それをふまえた上でここの施設は面白かった。
[PR]
by yummy_art | 2010-12-14 02:45 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)



★2017年からはこちらに引っ越してブログ更新中 見てみてください↓★


引っ越し先『ヤミーアートブログ』







by あまのしんたろう
あまのしんたろう
写真家
1980年愛知県岡崎市生まれ、東京農業大学卒業のち東京ビジュアルアーツを卒業。2007年から本格的に写真家活動を開始。
個展開催、写真集発行、アートイベントの主催、フリーペーパー配布などを通じ「楽しめる写真」を発表している。
最近ではyoutubeでスライドショー作品を公開中!

▶公式ツイッター
@amano_shintaro

▶youtubeチャンネル
ヤミーアートチャンネル

▶公式サイト
ヤミーアートミュージャム



以前の記事
カテゴリ
タグ


写真家 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
記事がGOODだと思ってもらえたら一日一回ずつのクリックお願いします!







▼youtube公開作品▼



『トヨハシクエスト』




『風のすみか』




『エレファント』




『ブラックトイボックス』




『せきにんのないさんぽ』







▼写真集販売▼