<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大雨後の岡崎市の河川
f0116500_2273264.jpg7月の大雨後。
増水した乙川が河原と同じ水位になったので土手を降りて撮影。

f0116500_2272427.jpg"潜水橋"の名にふさわしく、何に抗う事なく水に沈む橋。
f0116500_2275819.jpgテニスコート。
新技の特訓に使えそう。
f0116500_2284044.jpgなにかが流れてくるかも、っていう不安と期待感が川のいいところだと思う。
f0116500_2282826.jpg矢作川の方は、さすがに水量が桁違い。
f0116500_2361049.jpg

[PR]
by yummy_art | 2011-07-31 02:51 | まち歩き | Comments(0)
エヴァンゲリオンのまち箱根の旅03
f0116500_9542349.jpg『ヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA 電力補完計画 in 第三新東京市立第壱中学校』
旧仙石中学校を使ったトヨタプリウスとの連携イベント。
f0116500_9543868.jpg一応2年生用の昇降口から入ってみる。
f0116500_9544873.jpg"名におおざとを持つ者"としては、委員長と杉浦君の"こざとへん"に納得がいかない。
f0116500_9545878.jpg綾波レイの机。
作中でも出てきたこの箸はまめつぶ屋さんで買える。
この薬は、綾波と同じ症状になればお近くの医院で処方してもらえるはず。
f0116500_9551282.jpg近未来的な演出か。
f0116500_9552535.jpg大きすぎて、看板を写そうとすると頭の方がきれてしまう。
f0116500_9554268.jpg正面からの全身像。
右に歩いている人と比べると、けっこう大きいのが分かる。
f0116500_9555690.jpg真横から。
この角度がやっぱり一番かっこいいと思う。

ああ、iphone持ってたらなあ。
f0116500_956854.jpg体育館でミサトさんがプリウスの説明をしてくれる。
f0116500_9562151.jpgネルフ公用車に配備決定とのこと。
f0116500_9563219.jpg

f0116500_9564692.jpg『サン・テグジュペリ 星の王子さまミュージアム』
f0116500_9565736.jpg原作を知らなかったので、エディーマーフィーのイメージだった。
ここに来てこの物語読みたくなった。
f0116500_957938.jpg作家の本職は飛行機乗りといっていいくらいの人生。
寺山修司が馬券師活動の裏で、執筆活動にも手を抜いていなかったみたいな。
f0116500_9571999.jpg久々に『山登りゲーム』がやりたくなった。
f0116500_9573614.jpg

f0116500_9575412.jpg昨日とはちがう、本来の姿。
ここから『箱根海賊船』に乗って湖を渡っていく。
略奪行為をしないのは目を瞑るとしてもやっぱり『箱根湖賊船』だ。
f0116500_9581024.jpg

f0116500_9582161.jpg海賊旗をあげずにイギリスや日本の国旗をあげているので、一見普通の船に見える。
偽装海賊を模すなんて、ジョークが効いている。
f0116500_9583585.jpg

f0116500_9585210.jpg『箱根駅伝ミュージアム』
農大ののぼりがあるので入る。
f0116500_959563.jpgなんといってもオツオリの印象が強い。
多分高校生と社会人合同の駅伝大会で、生のオツオリを見たことがあったはず。
好きだったなぁ。
f0116500_959172.jpg『よみがえった箱根関所』
服の色や模様など今のところよく分からない事が多いので、淡い感じの展示物にして誤解を防いでいるらしい。
だからなのか、ここの馬は小さくて顔が極端に大きくて、見たことない生き物になりかけている。
f0116500_9592948.jpg「場合によっては通してやらん事もないがのぅ」
「そうだのぅ」
f0116500_9593959.jpgすごく言いたい事が分かる、すごく。
f0116500_9595066.jpg

[PR]
by yummy_art | 2011-07-12 10:32 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)
エヴァンゲリオンのまち箱根の旅02
f0116500_134977.jpg『箱根彫刻の森美術館』
こういう迷路みたいな庭があると、近所の子どもとかか忍び込もうとしてきておもしろそうだ。
f0116500_13596.jpg『ネットの森』
隣の作品を"モノサシ"にして比べてもらえば誰でも簡単に分かると思うけど、すごく大きいのです。
f0116500_14968.jpg
f0116500_142083.jpgアート関係者は、ルート用の足跡をどう描くのかちょっと気になった。
f0116500_142949.jpgこれは近くに題名の表示がなかったから作品じゃない。
f0116500_143871.jpg『シャボン玉のお城』を製作中。
この時点でおもしろそうって分かるわ。
また来ないといけないな。
f0116500_145533.jpg

f0116500_1510100.jpgロープウェイで『大湧谷』を目指す。
すごい霧と強風で進んでるんだかなんだか分からないほど。
f0116500_152038.jpg展望台の双眼鏡を使えば、ちょっと遠くの霧も見られそう。
f0116500_153361.jpgこれもエヴァとかに繋がってると思うんだけど、いかんせんこの日は先が見えなかったので。
f0116500_154713.jpgてっきり入場料に消費税を乗せるなんていう野暮な事してるかと思ったら、違った。
f0116500_16055.jpg黒いひよこも悪くないな。
f0116500_161124.jpg山の屋根的な道の風は歩きにくいくらい。
谷から霧が吹き上げてくる。
f0116500_162245.jpg

f0116500_16352.jpg数々の船が海賊の手によって沈められたらしい。
f0116500_164950.jpgこの世界自体がこのアヒルなんじゃないかと思うと、迂闊に地面が掘れなくなる。
f0116500_172183.jpg内容全然覚えてないけどプライベートライアンっぽいと思った。
f0116500_174192.jpg

f0116500_182365.jpgホテルに一番近いローソンが、偶然にも"あの"ローソンだった。
綾波派だとバレないように、アスカをメインに写す。
f0116500_18429.jpg

[PR]
by yummy_art | 2011-07-12 02:04 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)
エヴァンゲリオンのまち箱根の旅01
f0116500_18335285.jpg新宿から小田急ロマンスカーに乗って箱根へ向かう。
新型車両の座席は、窓側に向かってやや傾いている配置で景色が見やすい。(ハの字型というかV字型というか)
f0116500_1834385.jpg『生命の星・地球博物館』
箱根の玄関口"箱根湯本"のさらに一つ手前の駅にある大きな博物館。
f0116500_18341479.jpgこれが作られた1992年当時で世界第4位の大きさの熊の剥製。
これに限らず、ここには立派なサイズの剥製が多く展示されている。

f0116500_18344890.jpg隕石の表面の気色悪さは、人間の本能的なヤツに起因してるんじゃないかと予想。
別に今までの人生の中で、こういうルックスのものに酷い目にあった経験はないのにな。
f0116500_1835751.jpgレッサーパンダもこの仲間たちといる時は凛々しい顔つきになるのか。
f0116500_18351842.jpg化石の掘り出しを見学出来る。
当然、この近くは歯医者さんみたいな音がずっとしてる。
f0116500_18353244.jpg絶滅危惧種のリストを絶滅種のニホンオオカミが突きつけているイメージ。
f0116500_18354677.jpg余裕ぶってた一休さんが驚いてしまいそう。
f0116500_18355862.jpg
f0116500_1836146.jpg

f0116500_18364853.jpg箱根湯本の酒屋さん。
ここに限らず、いろんなところでエヴァンゲリオンの描かれたポスターが見られる。
f0116500_1837643.jpg役所関係のところにはアンビリカルケーブルも配備。
f0116500_18371938.jpgいろんな町の郷土資料館がすき。
たまにまったく郷土資料じゃないものに出会えたりする。
f0116500_1837359.jpg多分駅から山の上の神社に行く正規ルートなはず。
海の町でいうところの、旅館街からビーチに行くための共同道みたいな雰囲気。
f0116500_18375469.jpg劇的ビフォーアフターで見たことある建物。
f0116500_18382889.jpg温泉を運んでいるのか、金属のパイプが多数。
f0116500_18384068.jpg『鯛ラーメン』
温泉町で食べるアドバンテージを差し引いても、相当においしい。
いいお店が狭い区画に密集しているから、都市部とは違う種類の競争があるんだろうな。
f0116500_18385125.jpg

[PR]
by yummy_art | 2011-07-11 19:30 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)
ちびまる子ちゃんの町、静岡県清水を散策
f0116500_127487.jpg清水駅。
ちびまる子ちゃんの絵にはやくも遭遇。
f0116500_1275637.jpg駅から3分くらい歩くとすぐ港。
f0116500_128343.jpg

f0116500_1281020.jpg水産加工品の工場がたくさん。
f0116500_1281981.jpg

f0116500_1285889.jpg遊覧船と漁船がいり乱れる海。
f0116500_1291093.jpg寿司ミュージアム入り口オブジェ。
f0116500_1291953.jpgにぎり寿司の初期の頃は、こんな感じで売っていたらしい。
現代でも通じそう。
生もののタネは衛生上難しいだろうけど、穴子やしめさばなんかを使って祭なんかに出店したらどうだろう。
f0116500_1292725.jpgちびまる子ちゃんランド。
よくみる机の状態。
f0116500_1293427.jpg

f0116500_1294379.jpgからあげ購入。くにゅくにゅしていて、触っただけでおいしいとわかる感じ。
やや鶏臭すぎるので、下味の段階でなにかをどうにかするとよりおいしくなると思う。
f0116500_1295310.jpg

f0116500_1210518.jpg

f0116500_12101984.jpg

f0116500_12102731.jpg

f0116500_12103665.jpg

[PR]
by yummy_art | 2011-07-07 12:34 | まち歩き | Comments(0)
岡崎の蔵元『長誉夏祭り』レポート

f0116500_2385918.jpg愛知県岡崎市の蔵元「丸石醸造株式会社」のお祭りを体験。
大きな道路を一本入っただけのところに蔵が。
f0116500_2392326.jpg会場はイス、机がならび、軽食の販売と、みんなのお目当てのふるまい酒が無料に無限に飲める。
f0116500_2393725.jpgなんといっても"どて煮"が逸品。
入っているごぼうが抜群に柔らかく煮えて"固い大根"くらいの歯ごたえになっていておいしい。
f0116500_2394866.jpgふるまい酒は、おちょこ大のプラコップにお客さんが自分で注いでいく。
風味の強い純米酒とすっきりした味わいの長誉の二種類。
f0116500_2395884.jpg二階会場は三味線の生演奏なんかがある。
これだけうまいお酒をたくさん飲むと、家でも飲みたくなってお酒をお土産に買っていってしまう。うまいことできてる。

『丸石醸造株式会社』 http://www.014.co.jp/
[PR]
by yummy_art | 2011-07-07 00:28 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)



2017年からはこちに引っ越してブログ更新しています↓ぜひ見てみてください↓
引っ越し先『ヤミーアートミュージャム』






by あまのしんたろう
あまのしんたろう
写真家
1980年愛知県岡崎市生まれ、東京農業大学卒業のち東京ビジュアルアーツを卒業。2007年から本格的に写真家活動を開始。
個展開催、写真集発行、アートイベントの主催、フリーペーパー配布などを通じ「楽しめる写真」を発表している。
最近ではyoutubeでスライドショー作品を公開中!

▶公式ツイッター
@amano_shintaro

▶youtubeチャンネル
ヤミーアートチャンネル

▶公式サイト
ヤミーアートミュージャム



以前の記事
カテゴリ
タグ


写真家 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
記事がGOODだと思ってもらえたら一日一回ずつのクリックお願いします!







▼youtube公開作品▼



『トヨハシクエスト』




『風のすみか』




『エレファント』




『ブラックトイボックス』




『せきにんのないさんぽ』







▼写真集販売▼