<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
youtubeにスライドショー作品『トヨハシクエスト』をアップ!




2015年に愛知県豊橋市で開催されたアートイベント『sebone』で出展した作品を
スライドショー用に編集しました

音楽つけたらイメージ以上にホラーテイストになったので
壁作品の時より「笑える要素」が奥の方にひそんじゃってるかも

(パソコンでみるときはページ開いた画質設定の1080pにするとバッチリみられます)




↓記事がgoodだったらクリックお願いします!


[PR]
by yummy_art | 2016-10-30 00:59 | あまのしんたろう写真活動情報 | Comments(1)
アートに囲まれて逃げ場がない「第53回造形おかざきっ子展」

10月22日23日に岡崎市世界こども美術博物館で開催された「おかざきっ子展」

年に一回
岡崎の小中学校を中心に
子どもたちの作品が展示されるイベント

f0116500_21353384.jpg


もともと学校の先生がたちが
「授業で子どもたちの作った作品を展示しよう」
ということで始まったものなので
作品の参加率はほぼ100%

子どもの数だけ作品が並ぶから数万点の作品数

結構広い世界こども美術博物館の隅々まで展示される

f0116500_21353268.jpg


グラウンドだけじゃなく遊歩道や展望台までの林にも作品が

一つの作品を10秒くらいのペースで
昼夜まったく休憩なしに見て行っても
3日くらいかかる計算

イベントの開催期間は2日間

f0116500_21353488.jpg



ライトを使った作品を作った学校は
テントを立てて暗い部屋を作る凝りよう
f0116500_21353329.jpg



たぶん各学校の美術の先生が作ったであろう看板も
隠れた見どころ
f0116500_21353669.jpg


一つ一つの作品を楽しむというよりは
超大量の作品が渦巻いているのが楽しみポイントな気がする

屋台なんかも出てたりして
お祭り感覚でいけるオススメイベント

f0116500_21353577.jpg



↓記事がgoodだったらクリックお願いします!


[PR]
by yummy_art | 2016-10-28 22:33 | イベント、博物館レビュー | Comments(0)
幻のたこ焼き屋「八ちゃん堂」

25年くらい前に独特のおいしさにひかれて
家族の人に買ってもらいまくってた近所のたこ焼き屋「八ちゃん堂」

東京の大学に行っていたりして目を離している間に
つぶれてしまって悲しかった

で、最近ふと思い立って調べてみたら
戸越駅近くに渋谷店(めちゃめちゃ東京っぽい地名だけど豊田)
というのがあるという情報が出たので
さっそく行ってみることに

f0116500_23354765.jpg
こっちはちゃんとやっていたので待望のたこ焼きを購入

味は思いで補正分を割り引いてもめちゃくちゃおいしかった

型に入れてそのまま焼く系たこ焼きの中ではトップだと思う

普通、型に入れる系たこ焼きは
生地が一様なかたさになりがちなのに
ここのは、外側は香ばしくてかなりしっかり焼けていて中はやわらか
たこが大きくキャベツも主張気味

すごく柔らかいクッキーとすごく固いクリームを噛んでいるような独特の食感




たこ焼きの入っていた袋が
謎の情報満載でおもしろかった

f0116500_23354934.jpg

どうやら本拠地が大分県の「八ちゃん堂」は
豊田店が最東端みたい

関東方面の人は豊田店が一番近いことになりそう

すごくオススメなので
近くの人も遠くの人も
ぜひぜひたべてみてほしい!


(うれしすぎてたこ焼きの写真を撮る前に食べてしまった
次回言った時には落ち着いて買うようにします)


↓記事がgoodだったらクリックお願いします!


[PR]
by yummy_art | 2016-10-22 00:35 | B級スポット | Comments(0)
もう時間がない人用「愛知トリエンナーレおすすめ作品」

10月23日で終わる愛知トリエンナーレ

もう時間ないので駆け込みorチケット余っちゃってる人向きに
常設会場をピンポイントおすすめ




一つだけ行くなら名古屋の
「愛知芸術文化センター」
が面白い展示が多くてオススメ

逆に言うと他の会場は
「本来は面白い作品なのに説明不足過ぎる作品」とか
「見る人をわざと不快にさせる系の作品」とか
鑑賞力を問われるような作品が多くて、
無知識でいっても分からないものばかりだと思う

この会場は普段アート見ない人でも
こどもでもギリギリ楽しめるはず



その中でさらにオススメするなら
三田村光土里の「アート&ブレックファスト」

日用品や作家を組み合わせて
何らかの小さな物語をそこかしこに匂わせる作品

展示室のスタート地点から一本の毛糸を辿っていくつくりになっていて
動かないピタゴラスイッチみたいで楽しい
f0116500_20320473.jpg



この会場の規模は今回のトリエンナーレの中では一番大きいので
ぐるっと回ればいくつか気に入る作品が見つかるかも

全部を相当じっくり見なければ40分くらいで回れるはず

自分が気に入ったのはこれ↓
制作意図はよく分からないけど
動物系のものは好き
f0116500_20320832.jpg



愛知芸術センター見終わってまだ20分以上余裕あるなら
栄の旧明治屋栄ビルにある
《液体は熱エネルギーにより気体となり、冷えて液体に戻る。そうあるべきだ。》
という作品はオススメ

水を上から垂らし
鉄の器で熱して蒸発させて
下で受けている漏斗状の部分でまた水を回収しているように見える作品

循環してるんだか
してないんだか
よくわからない感じがいい
f0116500_20320907.jpg

↓記事がgoodだったらクリックお願いします!


[PR]
by yummy_art | 2016-10-18 17:07 | アート専門レビュー | Comments(0)
ここだけ行っとけばひとまず大丈夫「ペンタルム」

愛知トリエンナーレ岡崎会場の「ペンタルム」

巨大なふわふわバルーンの中に入ってくつろいだりできる作品

外から見てもなかなかキレイ
f0116500_20321063.jpg



中はバルーンごとに色が異なっていて
各自それぞれ居心地のいい色を選んでやすめる
f0116500_20321296.jpg



ずっと同じところにいると目がホワイトバランスを取ろうとする

たとえば赤い部屋にいるとそのうちピンク色に近くなっていって
その代わりに他の色がもっと鮮やかに見えたりする
f0116500_20321264.jpg



今回の愛知トリエンナーレのテーマが「虹のキャラバンサライ」

一応すべての会場の作品見たけど
一番テーマの沿った作品はこれだと思う

というか
この作品が出展されるからこのテーマになったんじゃないかと思うほど
今回のトリエンナーレの代表かつトップの作品だと思う
f0116500_20421381.jpg


この作品の公開期間は10月1日から16日とやや短く
整理券制なのでこれを見逃す人が結構いそう

他の会場が減ったとしてもこの作品に費用をつぎ込んで
会期中ずっとやるべきだったと思うなあ
なんかもったいない
f0116500_20321105.jpg



f0116500_20321313.jpg

[PR]
by yummy_art | 2016-10-14 21:12 | アート専門レビュー | Comments(0)
本当の目的地「京都駅」

最高にかっこいいと聞いていた「京都駅」

京都に来たのもここを見てみたかったから

天井が高くて空間感がすごい
f0116500_14370667.jpg



上の写真にも写っている「空中回廊」への道

高いところが極度に怖い人には無理かも
f0116500_14370697.jpg


f0116500_14370632.jpg





f0116500_14370644.jpg

[PR]
by yummy_art | 2016-10-14 01:05 | まち歩き | Comments(0)
小学生時代以来の「新京極」
6年生の修学旅行以来の新京極

当時はお土産やメインで探していたから
どこの店にも木刀が売っていたイメージ
f0116500_14370512.jpg



今は木刀屋ぜんぜんなくて普通のお店が並んでいた
f0116500_14370687.jpg





新京極近くの錦市場

小さな道の両側にお惣菜屋中心にいろんなお店が並ぶ

串にささってすぐ食べられる系があったので
次回はペコペコでここにきて
通りを抜けるころに満腹になってみたい
f0116500_14370675.jpg






一日中歩きまくって感じたんだけど
京都には喫茶店が少なすぎると思う

こんなに人多いんだから200メートルおきにコメダがあってもいい
f0116500_14370537.jpg




↓記事がgoodだったらクリックお願いします!


[PR]
by yummy_art | 2016-10-12 21:35 | まち歩き | Comments(0)
特級観光地「祇園」

祇園っぽい場所
川と建物が面してるイメージだったけど実際見てみると間に妙な間があった
f0116500_14365307.jpg



舞妓さんとかが来たりする場所なはず
昼はいろんなところで撮影会みたいになってた
f0116500_14365283.jpg



f0116500_14365363.jpg



f0116500_14365260.jpg



f0116500_14365253.jpg



ウインズ京都
祇園の通りのすごくいい場所に場外馬券売り場が。
土日の雰囲気を見てみたい
f0116500_14365219.jpg



f0116500_14365241.jpg



四条の大通りの裏には飲み屋とかいろいろな店が
f0116500_14365273.jpg



f0116500_14365287.jpg



裏道を歩いていたら偶然新喜劇終わりの芸人さんが。
今一番気になる芸人「いいよぉ」でおなじみのアキさんを見れて興奮した
握手お願いしとけばよかったかなあ
f0116500_14365362.jpg



↓記事がgoodだったらクリックお願いします!


[PR]
by yummy_art | 2016-10-07 19:07 | まち歩き | Comments(0)
京都岡崎から祇園までの道「古川町商店街」

岡崎地区から祇園までの電車がなかったので歩いてみた



途中に趣のある商店街があったので寄り道
f0116500_10133346.jpg



お惣菜も売ってるお肉屋さんがあったので迷わずから揚げを購入
f0116500_10133304.jpg



袋に直で入れてくれていて食べ歩きにベスト
特徴のあるおいしい味だったのは覚えてるけど
具体的にどんなだったか忘れたから、次回また食べることにする
f0116500_10133387.jpg



商店街の道を一本抜けるとすぐ大通り
f0116500_10133399.jpg



大通りの反対側は川
f0116500_10134062.jpg



左右に作られた橋
f0116500_10134172.jpg


あんまり観光地で見ないけど
見慣れた感じの光景
f0116500_10134197.jpg




↓記事がgoodだったらクリックお願いします!


[PR]
by yummy_art | 2016-10-04 19:29 | まち歩き | Comments(0)
一桁違いの歴史「平安神宮」

120年前に博覧会の目玉として復元されたらしい

用地買収の頓挫のせいで
実物の8分の5のサイズでつくられているという逸話の
生々しさがいい

1200年前の平安京の復元モノとはいえ
こちらが出来てからも120年もたっているので
相応の格式が備わっている雰囲気

f0116500_10133272.jpg



建物までの空間が広くてまっ平らなので
白くて固い「池」みたい
f0116500_10133240.jpg



神社によくいる水場の竜がすごく強そう
f0116500_10133277.jpg



f0116500_10133297.jpg



f0116500_10133222.jpg

[PR]
by yummy_art | 2016-10-03 10:43 | まち歩き | Comments(0)



★2017年からはこちらに引っ越してブログ更新中 見てみてください↓★


引っ越し先『ヤミーアートブログ』







by あまのしんたろう
あまのしんたろう
写真家
1980年愛知県岡崎市生まれ、東京農業大学卒業のち東京ビジュアルアーツを卒業。2007年から本格的に写真家活動を開始。
個展開催、写真集発行、アートイベントの主催、フリーペーパー配布などを通じ「楽しめる写真」を発表している。
最近ではyoutubeでスライドショー作品を公開中!

▶公式ツイッター
@amano_shintaro

▶youtubeチャンネル
ヤミーアートチャンネル

▶公式サイト
ヤミーアートミュージャム



以前の記事
カテゴリ
タグ


写真家 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
記事がGOODだと思ってもらえたら一日一回ずつのクリックお願いします!







▼youtube公開作品▼



『トヨハシクエスト』




『風のすみか』




『エレファント』




『ブラックトイボックス』




『せきにんのないさんぽ』







▼写真集販売▼